Mercenary

そろそろ敵を戦ってみたいけど、Enchanterのソロなんてできる気がしないw
って訳で俺がやってない間に実装されたMercenary(傭兵)を雇ってみることにした。

以前課金していた俺はSilver Account。傭兵はApprentice(見習い) Tier5まで雇用可能。(下記参照)

Healerいないとどうにもならんと思うのでHealerタイプのMercenaryを探してPoKの街を探す事5分(すぐ見つかった)。
DwarfのMercenaryの所でHealerタイプを発見。雇用する種族によって雇えるHealerとTankタイプが選べる。
もちろんHireをクリックしHealerタイプのTier5を雇用してみた。(雇用に17p9g、15分毎に17p必要)

※自分のレベルが上がると費用も増加する
※MercenaryはQuestや課金で雇用する枠を増やすことはできるが、同時に1人しか出すことができない

やってきたMercenaryの名前はTaswi。ちゃんとYamato's Mercenaryと表示されてます。雇用した時から勝手に早速Buffとかしてくれるいい奴です。

ちなみにAIで勝手に色々やってくれるので特に操作は必用ありません。

こえで準備万端!!さて、Mobを狩りにいけますね!(まだ戦ってないw)

Manage Mercenary Windowの説明

Set Activeスタンス(どんな行動をするか)を選択して切り替えます。
Set OwnerMercenaryのOwnerを変更。
InfoMercenaryの情報を表示。雇用費用もここで確認できる。
Set HotkeySetActiveで選んだ設定をHotkeyに登録して切り替えできるようにします。
Dismiss解雇します。
Suspend
Unsuspend
Revive
Suspend/Unsuspendで出したり消したりできます。
傭兵が死んでしまってもReviveで蘇生できます。
※Sespendした場合もReviveする場合も5分待つ必要あるので注意

その他詳細についてはEverQuest ZAMをご覧ください。

雇えるMercenaryの制限

アカウントの種類FREESILVERGOLD
Mercenary(傭兵)の上限Apprentice(見習い) Tiers 1-2Apprentice(見習い) All TiersApprentice(見習い) & Jouneyman(一人前), All Tiers
Mercenary(傭兵)を雇ってみる
Tagged on: